ナンバー銀行の秘密

全国展開する八十二銀行

全国展開する八十二銀行

長野経済と八十二銀行

八十二銀行は、明治時代、長野県に開業した2つの国立銀行が合併してできた銀行です。今では長野県内に多くの店舗を構える銀行として知られています。八十二銀行は、長野では利用者の多い地方銀行とされ、長野県や長野市といった多く自治体が指定金融機関としています。このように、八十二銀行は長野県民や企業にとって欠かすことのできない金融機関の一つといってよいでしょう。

八十二銀行は、昭和6年に八十二銀行が誕生してから、長く地域社会や地域経済に貢献してきた銀行です。銀行業務以外でも多くのグループ会社とともに地域貢献をしてきました。

現在、八十二銀行グループでは、顧客が満足できる銀行業務を充実するために、信用保証会社やクレジット会社、証券会社、債権回収サービスを行う会社などと提携しています。また、人材派遣会社、リース会社などの企業は、多くの地元企業に役立っています。

長野は、昔から善光寺参りを行う人が多く、観光客も多いことで知られています。八十二銀行の本店は昭和44年に移転しましたが、今でも県庁所在地の長野市内にあります。八十二銀行は、歴史ある長野の街において、地元金融機関として長く親しまれ、長野の経済に役立ってきました。

八十二銀行は、千曲川水害や松代群発地震の時にも地域の建て直しに役立ってきた銀行です。また、長野オリンピックや長野新幹線の建設では、事業に関係した資金調達や融資において地域経済に大きな役割を果たしてきました。

八十二銀行は、現在も長野の産業経済発展のために地元で営業する会社だけでなく、東京に進出する会社や事業所をサポートしています。最近は大手企業と取引する会社の企業経営のために法人営業に力を入れています。